ジュエリーCAD

造形サービスビューロー新時代

インクジェット・光造形・金属切削、様々な造形に対応するサービスビューロー

ハイスペックな造形機器を低価格で使用できるのが造形サービスビューローです。


造型機も、一昔前から比べるとどんどん進化し毎年様々な特徴がある造型機や樹脂が開発されている。低価格な造形機も少しずつ発表されていますが、まだまだ零細企業や個人では造型機を購入する事を、迷っているのであれば、まずは造形サービスビューローの利用をお薦めします。

最新造形機器を使い、様々な形状を低価格で造形してくれるのが造形サービスビューローです。まずは、ジュエリーCADソフトを扱うスキルを身に付け、造形サービスビューローに造形をお願いし、ジュエリーCADの便利さや綺麗さを実感してください。

それぞれの特色を打ち出し始めた造形サービスビューロー

一口に造形サービスビューローと言っても、実は全てのサービスビューローが同じではありません。また、同じ造型機を使っているのに、造形物の綺麗さなども全然違うのが現状です。インクジェット造形・光造形・金属切削など、それぞれの特徴を理解しサービスビューローを使い分ける事をお薦めします。

また、低価格を前面に押し出しているサービスビューローも出現していますが、同じ造形方法でも、出力のクオリティーにより価格が大きく変動するのが現実です。安いけど、荒い。高いけど、美しい。どんな業界でも同じかもしれませんが、しっかりと比較して、本当の意味で良いサービスを提供してくれるサービスビューローを見つけ出して下さい。

造形方法によって異なります。


一般的にはインクジェット造形の場合、時間で造形料金が計算される業者が多い傾向にあります。また、光造形の場合は樹脂の重量や単純にサイズで割り出している傾向にあります。

価格で造形方法を使い分けるのであれば、高さがあるものは光造型の方が低価格になる傾向がありますが、高さが低くて質量が高いものはインクジェット造形の方が安くなる傾向にあります。

まずは、サポートの有無を考えよう。


それぞれのメリット・デメリットがあるが最大の特長はサポートの有無だと思われます。光造形の場合、その造形方法の都合上必ずサポートが付きます。このサポートが簡単にっ削除できる形状であれば問題は無いのですが、どうしても手が入りにくい形状の場合はインクジェット造形の方が分があります。

また、サポートの取り付けにはノウハウが必要なので、造形代とは別にサポート作成料金がかかる場合もあるのです。

インクジェット造形の場合、造形工程においてサポートはあるのですが、造形後サポートは溶剤に浸す事によって全て除去されます。サポートをどうとるのかを考えなくて済むのがインクジェット造形のメリットでもあります。

インクジェット造形の場合の弱点は造形物のもろさにあります。光造形に比べ造形物の強度が弱いので、微細な形状が多い場合はデータ作成に工夫をしなくてはいけません。どのような工夫をすれば良いのかは、ただ、造形するだけではなく、アドバイスをしてくれるサービスビューローを探す事をお薦めします。

SUN DIGITAL JEWELRY SERVICE

socra spot

I's(アイズ)

松村金銀店

中村テクニカル

イデア・プロダクツ

シーフォース

アメス

日本アイボリー

 ジュエリールナ

    株式会社GLB

     ミキシステム

会員登録
 
求人登録
 
おすすめ書籍